【Power Apps】2つの選択肢による絞り込み

  • 前提
    取引先企業マスタ
    取引先企業名:AAA株式会社
    取引先企業名:BBB株式会社

    拠点マスタ
    拠点名:AAA本店
    取引先企業名:AAA株式会社

    拠点名:BBB本店
    取引先企業名:BBB株式会社

  • キャンバスアプリ:2つの選択肢による絞り込み
    ・取引先企業と拠点を表示するコントールを2つ配置(コントロール①、コントロール②)
    ・コントロール①②を「テキストの編集」から「許可値」に変更
    ・許可値のデータソースをDataverseやSharePointリストから選択
    ・コントロール①②のDataCardのロックを解除
    ・コントロール①のDataCard内のドロップダウンを選択し、Itemsプロパティに以下を設定
     「Distinct([データリストの名前], [表示したい列の名前])」
     ※これはコントール①に重複値がある場合に設定
    ・コントロール②のドロップダウンを選択し、プロパティタブの依存先を選択
    ・依存先の親コントールにコントール①の情報を設定

    参考サイト
    ttps://docs.microsoft.com/ja-jp/powerapps/maker/canvas-apps/dependent-drop-down-lists
    ttps://ippu-biz.com/development/powerplatform/powerapps/link-dropdown/

  • モデル駆動型アプリ:2つの選択肢による絞り込み
    ・TestTableに列の追加で取引先企業を追加(データ型は参照)
    ・TestTableに列の追加で拠点を追加(データ型は参照)
    ・TestTableのフォームを開き、クラシックUIに切り替える
    ・拠点を選択し、プロパティの変更を押下
    ・表示タブの下部にある「関連レコードのフィルタリング」項目
     次の条件を満たすレコードのみ表示する:チェックON
     取引先企業の列を選択
     取引先企業(拠点)を選択
     ユーザがフィルターを無効にできる:チェックOFF
    ・表示タブの上部にある「このフィールドの最近使用したアイテムを無効にする」をチェックON
    ・保存し公開

    参考サイト
    ttps://ippu-biz.com/development/powerplatform/powerapps/mda/link-dropdown-mda/